profile

イラストレーター - 佐々木千絵

English ↓

1976年神奈川県生まれ。
油絵画家になりたかったという父の希望で名前に”絵”が付く。

幼稚園時代:
“あさりちゃん”を描くことを得意とし、スケッチブックにはあさりだらけ。
“あさりちゃん”の姉の“たたみ”は髪型のバランスが難しく断念。
小学生時代:
絵が上手と言われるようになり調子に乗り、将来は漫画家になりたいと思う。
複数の友達と熱心に交換漫画を執筆。
中学生時代:
休み時間はひたすら友達とノートに落書き。特徴のある先生を題材に漫画をしたためる。
自分の中で大ヒット。
高校生時代:
漠然とだけど絵を生業にすると決意。学校に行くも全く勉強せずに「こんなに赤点多い子は学校始まって
以来」と先生にさじを投げられる。
高校3年生の冬に「美大に行く」といきなり方向性を決め、冬期講習から予備校に通いはじめる。
短大生時代:
武蔵野美術大学短期大学部デザイン科にひっかかり、通いはじめるも挫折。中退。

何の経験も経歴も無いまま出版社にいきなり営業活動を開始し、少しづつイラストのお仕事をいただくようになる。

主に雑誌、ムック、書籍、WEB、企業パンフレット等にイラスト提供、2005年長女出産2007年次女出産、以降育児出産系のお仕事が増え、現在に至る。

作品展経歴

Illustrator - Chie Sasaki

Japanese ↑

Born in Kanagawa/Japan,1976.
My name "Chie" means "1000 pictures"in Japanese.

I was named by my father,who wished to become an oil painter.

In Elementary school:
I got high remarks for the pictures I drew,and my dream was to become a
cartoonist.
In Junior High school:
I continued to draw pictures with my friends during recess.The cartoons I drew about the school teachers I characterized were
my favorite.
In High school:
I made a vague decision to get a job somewhat related to drawing pictures. I suddenly chose to go to an art university,and started going to a prep
school of art.
In Junior College:
I luckily passed the entrance exam of Musashino Art University,but left college in midcourse.

With no experience and no career I started advertising myself to
publishing companies,
and gradually got illustration jobs.

I now draw illustrations mainly for magazines,books,internet
pages,company brochures,etc.
Mother of two daughters,born in 2005 and 2007.

Exhibitions
  • 2003 Bartok Gallery,Ginza Tokyo
  • 2004 Bartok Gallery,Ginza Tokyo
  • 2004 Shinjuku Ophthal Gallery, Shinjuku Tokyo
  • 2005 Double Happiness gallery, Aoyama Tokyo
  • 2008 Niji Gallery,Kichijoji Tokyo
Pagetop ↑